×

五郎丸 グロッグズ人形のモデルに!日本選手は松尾雄治氏以来

[ 2015年10月31日 14:10 ]

 ラグビーの元ニュージーランド代表ジョナ・ロムー氏ら名選手の人形を制作、販売することで知られる英ウェールズの「ワールド・オブ・グロッグズ」が、ワールドカップ(W杯)イングランド大会で活躍した日本代表FB五郎丸歩をモデルにした人形制作を始めていることが30日、分かった。日本選手をモデルに採用するのは1980年代に元日本代表主将の松尾雄治氏を選んで以来という。

 グロッグズは故ジョン・ヒューズ氏が1965年に創業。現在は息子のリチャード氏(56)らが家業を引き継ぐ。

 リチャード氏は五郎丸の代名詞となったキックを蹴る際の拝むようなポーズの原型に取り組んでおり「W杯に日本が与えた衝撃は最大。中でも五郎丸のパフォーマンスは群を抜いていた」とたたえる。約500体つくり、来年初めの販売を目指している。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年10月31日のニュース