×

米大学アメフト ナイキ社がテキサス大と15年300億円で契約延長

[ 2015年10月31日 15:03 ]

テキサス大アメフト部のチャーリー・ストロング監督 (AP)

 米複数メディアは30日、大学フットボールのテキサス大に用具提供をしているナイキ社が同大学と15年2億5000万ドル(約300億円)で来季からの契約延長に合意したことを伝えた。

 メディアによると、大学側もこの大型契約を全会一致で認めたとのことで、これは今夏にミシガン大が同じくナイキ社と結んだ来季からの15年1億6900万ドル(約203億円)を抜き、用具提供契約において史上最大のものだという。

 もちろん、ナイキ社にとってこれは勝算があってのもの。テキサス大のスポーツチームの愛称、「ロングホーンズ」の関連グッズは人気が高く、その売り上げはここ9年間で全米一だというから大枚をはたいて契約する価値はあると言えよう。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年10月31日のニュース