×

2季ぶりに復帰のチャン SP2位「フラストレーションたまる」

[ 2015年10月31日 12:10 ]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダ第1日は30日、カナダのレスブリッジでショートプログラム(SP)が行われ、男子でソチ冬季五輪王者の羽生結弦(ANA)はジャンプのミスが響き、73・25点で6位と大きく出遅れた。

 村上大介(陽進堂)が80・88点で首位。2季ぶりに復帰した元世界王者のパトリック・チャン(カナダ)が80・81点で2位につけ、川原星(福岡大)は67・36点で9位。

 休養から復帰したチャンは得点が伸びず「フラストレーションがたまる」と悔しがった。

 冒頭の4回転―3回転の連続ジャンプを決めて勢いに乗るかに見えたが、直後のトリプルアクセル(3回転半)で転倒。予定した3回転ルッツが2回転になるミスもあった。それでも羽生ら他選手が振るわず、2位でフリーへ。「救いなのは、すべてのミスの原因が分かっていること」と前向きに話した。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年10月31日のニュース