×

寺本、9位転落…平均台まさかミス「予想外の失敗で悔しい」

[ 2015年10月31日 05:30 ]

体操世界選手権第7日 女子個人総合決勝

(10月29日 英国・グラスゴー)
 まさかのミスで入賞が消えた。跳馬で大技「チュソビチナ(前転跳び前方伸身宙返り1回半ひねり)」を決めるなど3種目を終えて5位だった寺本は、最終種目・平均台の着地が大きく乱れて9位に転落。

 真っ赤な目で取材エリアに現れた19歳は「予想外の失敗で悔しい。自信を持っていたけど(平均台を)蹴った瞬間に“やばい”と思った」とうなだれた。今大会は笹田とともにダブル主将としてチームをけん引。「来年に向けてしっかりやっていきたい」と五輪イヤーを見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年10月31日のニュース