×

村上大介 予想外のSP1位 フリーへ気合「まだ終わりじゃない」

[ 2015年10月31日 11:45 ]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダ第1日は30日、カナダのレスブリッジでショートプログラム(SP)が行われ、男子でソチ冬季五輪王者の羽生結弦(ANA)はジャンプのミスが響き、73・25点で6位と大きく出遅れた。

 村上大介(陽進堂)が80・88点で首位。2季ぶりに復帰した元世界王者のパトリック・チャン(カナダ)が80・81点で2位につけ、川原星(福岡大)は67・36点で9位。

 村上大は得意の4回転サルコーの着氷で大きくバランスを崩したが、後半に2連続3回転ジャンプを決めるなど、その後は立て直した。有力選手が崩れたSPでトップに立ち「1位は想像していなかった」と目を丸くした。

 昨季のNHK杯に続くGP2勝目のチャンス。「チャン選手、羽生選手と争う。まだ終わりじゃない」と気を引き締めた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年10月31日のニュース