丹蔵が涙の断髪式「感謝しかない」 130人がはさみ

[ 2014年6月1日 08:21 ]

断髪式で師匠の阿武松親方に止めばさみを入れてもらう元十両丹蔵

 元十両の丹蔵(30=阿武松部屋)の断髪式が千葉市内のホテルで行われた。貴乃花一門の総帥の貴乃花親方(元横綱、スポニチ本紙評論家)ら約130人がはさみを入れ、師匠の阿武松親方(元関脇・益荒雄)が止めばさみを入れた。

 丹蔵は「師匠やおかみさんたちに感謝しかありません」と涙ながらにあいさつ。貴乃花親方も「百折不撓(ひゃくせつふとう)という失敗しても何度も立ち上がる気持ちで師匠に教えられた精神力で頑張ってほしい」と激励した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年6月1日のニュース