ハーフ終了 張棟圭が首位キープ 近藤&岩田が全英切符圏内

[ 2014年6月1日 11:48 ]

 男子ゴルフの~全英への道~ミズノオープン最終ラウンドは1日、岡山県笠岡市のJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(7382ヤード、パー72)で行われ、最終組が前半を終了した時点で、韓国の張棟圭が三つ伸ばし、通算15アンダーで2位に4打差をつけて首位を守っている。

 2位は通算11アンダーのJ・パグンサン。上位4人に与えられる全英オープン出場権争いは、近藤共弘と岩田寛が通算9アンダーの4位で、圏内に入っている。ベテランの増田伸洋が通算7アンダーの8位で後半をプレーしている。晴天で風も弱めでコンディションは良好。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年6月1日のニュース