ミケルソン インサイダー取引疑惑でFBIが調査開始

[ 2014年6月1日 05:30 ]

インサイダー取引に関与した疑いでFBIが調査を開始したミケルソン

 米連邦捜査局(FBI)と証券取引委員会(SEC)はインサイダー取引に関与した疑いで、米ツアーで通算42勝を挙げているフィル・ミケルソン(43)を含む3人の調査を開始した。

 ウォールストリート・ジャーナル紙が報じたもので、大物投資家のカール・アイカーン氏(78)が関与した家庭用品メーカー、クロロックス社に絡む取引が調査の対象。ミケルソンは現在、メモリアル・トーナメントに出場中(2日目を終えて37位)だが、すでに2人のFBI捜査官が接触したとも伝えられている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年6月1日のニュース