白鵬 V後連敗も気丈「15日間、集中してやった」

[ 2013年7月22日 06:00 ]

大喜鵬(左)を“かわいがり”おどける白鵬

大相撲名古屋場所千秋楽

(7月21日 愛知県体育館)
 13日目に26度目の優勝を決めた白鵬は連敗で場所を終えた。立ち合いで日馬富士に踏み込まれると、右脇腹痛の影響なのか、2発のハズ押しに力なく土俵を割った。「ケガのせいにはしたくない」と否定したものの、悔しそうに唇をかんだ。

 11日目の鶴竜戦で右脇腹を痛め12日目の琴奨菊戦で悪化させた。テーピングでがっちりと固めて土俵に立ったが、14日目の稀勢の里には右四つ十分になりながら敗れ、春場所からの連勝は43でストップした。史上3位の優勝回数を誇る横綱でも、ショックはあったはずだ。それでも「15日間、本当に一番一番集中してやりました。無事終わって良かった」と気丈に話した。有終の美とはいかなかったが、名古屋場所では3年ぶりの賜杯。「いい景色でした」と体育館を出るときにやっと笑顔が戻った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2013年7月22日のニュース