松山 全英6位!日本人初の海外メジャー連続トップ10

[ 2013年7月22日 06:00 ]

13番、バーディーパットを決め笑顔の松山

USPGAツアー 第142回全英オープン最終日

(7月21日 英国ガレーン ミュアフィールド・リンクス=7192ヤード、パー71)
 怪物・松山英樹(21=東北福祉大)が日本人初のメジャー2試合連続ベスト10入りを果たした。11位から出て2バーディー、1ボギーの70で回り通算2オーバーで5打差の6位に入った。前日の第3ラウンドはスロープレーで1罰打を科されるハプニングもあったが、精神力の強さで盛り返し、プロ転向後出場10試合目での日本ツアー最速の通算獲得賞金1億円突破を果たした。66で回ったフィル・ミケルソン(43=米国)が通算3アンダーで初優勝した。

 ギャラリーの大声援に迎えられた最終18番パー4。松山はフェアウエーから190ヤードの第2打を7Iでピン奥5メートルにつけた。バーディーパットはわずかに届かなかったが、ミュアフィールドでの72ホール目をパーで終えると、カップから拾い上げたボールをポケットにしまい込んだ。2バーディー、1ボギーの70で通算2オーバー。ホールアウト後は日本人初となる海外メジャー2試合連続でのトップ10入りと、76年の鈴木規夫以来となる全英オープン初出場でのトップ10入りを確定させた。

 新たな歴史を塗り替えた21歳は「本当にショットがいい形で最後まで回ることができてそれが凄く収穫になった。ここで凄くいいプレーができたことは凄い自信になる」と充実感をにじませた。

 4日間で一番の寒さも、吹きつけるリンクスの風も怪物にはハンデにならなかった。6打差の首位を追い1番からパーを続けた。5番パー5の3打目を80センチにつけバーディーが先行。8番でボギーを叩いたが、引きずることなく9番でパーをセーブした。強い気持ちで勝負のバックナインに向かい、13番では8メートルをねじ込んで通算2オーバーにスコアを伸ばした。

 前日の第3日にはプロ転向後初のペナルティーもあったが、それも乗り越えた。スロープレーにより17番パー5で1罰打を受けた。「怒りを覚えて、そのまま最後までいってしまった」。17番は3オン2パットにペナルティーの1打を加えボギー。ペースが乱れた18番は第1、第2打ともに左ラフに入れて連続ボギーと最悪の上がりホールとなった。だが、「この(終盤の2ボギー)分を取り返す。きょう(第3日)の途中までのようなゴルフをして上位に行けたらいい」と話していた通り、最後まで諦めずにプレーした。

 怪物はこの後、大西洋を渡り、目標とする米ツアーの来季シード権獲得を目指す。今大会で石川遼の23試合を上回る、出場10試合での日本ツアー通算獲得賞金1億円を史上最速で突破。底なしの潜在能力を見せつける21歳の戦いはまだ始まったばかりだ。

 ≪過去の日本人最高位≫
 ☆82年倉本昌弘(ロイヤルトルーン)最終日を4打差6位でスタートし、一時は2打差の3位に浮上した。だが、14番のボギーで後退。全英日本人最高の4位となった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2013年7月22日のニュース