吉田 PO制し逆転V!目標達成にド派手ガッツポーズ!

[ 2013年7月22日 06:00 ]

プレーオフを制しガッツポーズする吉田

女子ゴルフツアー サマンサタバサ・レディース最終日

(7月21日 茨城県稲敷郡阿見町 イーグルポイントゴルフクラブ=6474ヤード、パー72)
 首位に5打差の2位から出た吉田弓美子(26=イーグルポイントGC)がプレーオフを制して今季2勝目を挙げた。5バーディー、ノーボギーの67で回り通算16アンダー、200で、表純子(39=中部衛生検査センター)と並ぶと、プレーオフ2ホール目で退けた。14位から出た金田久美子(23=ミュゼプラチナム)が65で回り、通算13アンダーで3位に入った。
【最終成績】

 下り6メートルのバーディートライ。フックした後、真っすぐカップに沈んだボールを見届けると、吉田は右手を高々と突き上げた。プレーオフ2ホール目。先に表が6メートル強を外してパーで終えていた。「これを入れたら勝てる」。吉田の気持ちを込めた一打が決着をつけた。6月のニチレイ・レディースに続く今季2勝目。「目標の複数優勝」を果たし笑顔がはじけた。

 5打差2位からのスタート。1番で50センチにつけてバーディーを奪った。伸ばせない表を尻目に13番で5つ目のバーディーを奪い一度は逆転。15番で再び並ばれたが、最後まで攻め続けた。

 会場のイーグルポイントGCで09年1月に研修生となった。飯島敏郎社長(50)は「必ず強くなる」と才能を見抜き、練習だけでなく、視野を広げるためにキャディー業などでも経験を積ませた。同年7月、吉田はプロテストに合格。同GC所属としてツアーに出場したが、当初は思うような結果は出なかった。「(同い年の)有村さんらは活躍しているのに」と悩む吉田を励まし支えたのもコース関係者だった。「恩返しができて良かった。今度はメジャーを目指したい」。“孝行娘”は次の目標を掲げた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2013年7月22日のニュース