複合のエース渡部暁がジャンプ練習公開「昨夏より安定」

[ 2013年7月22日 16:44 ]

ジャンプ練習を公開したノルディックスキー複合のエース、渡部暁斗

 ノルディックスキー複合のエース、渡部暁斗(北野建設)が22日、長野県白馬村でジャンプの練習を報道陣に公開し、ソチ冬季五輪に向け「(前半飛躍で苦しんだ)昨夏よりは安定している。さらに上乗せできると思えばいい感じ」と充実感を漂わせた。

 風が不安定な中で5回飛び、飛距離は振るわなかったが「今は試すことがいっぱいある。冬のシーズンでいい状態に仕上げられればいい」と気にするそぶりはなかった。

 6月下旬から約3週間、オーストリアやドイツで日本チームの合宿に参加した。今月末にノルディック複合団体の五輪金メダリストで北野建設スキー部の荻原健司ゼネラルマネジャーとともに初めてニュージーランドで合宿する。雪上の距離練習が中心で、ジャンプはしばらく飛べないが「まったく気にしない。効率よく練習したい」と新たな試みを楽しみにした。

 所属先が同じジャンプ男子の竹内択は6回飛び、27日からの海外でのグランプリに向けた調整は順調。フリースタイル女子モーグルの伊藤みきもフィンランド合宿から帰国後初となる練習で筋力強化などに励んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2013年7月22日のニュース