元露鵬 大砂嵐激励で支度部屋に“乱入”し注意

[ 2013年7月22日 06:00 ]

大相撲名古屋場所千秋楽

(7月21日 愛知県体育館)
 大麻の陽性反応が出て解雇された元露鵬のボラーゾフ・ソスラン・フェーリクソヴィッチ氏が元部屋の先輩として大砂嵐を激励に訪れ、関係者以外立ち入り禁止の支度部屋に出入りした。

 3分以上会話した後、監察委員の出来山親方(元関脇・出羽の花)から注意されて支度部屋から出された。出来山親方は「ちょっとだけと言うので許してしまった。私の責任」と説明。すぐに北の湖理事長と九重監察委員長(元横綱・千代の富士)に報告され、監察委員に注意するよう通達が出された。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年7月22日のニュース