遠藤 “最速”新入幕決定的も「カオじゃないっす」

[ 2013年7月22日 06:00 ]

突き倒しで豊真将(右)を破る遠藤

大相撲名古屋場所千秋楽

(7月21日 愛知県体育館)
 十両優勝を決めていた遠藤は、元小結の実力者、豊真将を突き倒して14勝目を挙げ、来場所の新入幕が決定的となった。

 初土俵から所要3場所での昇進は昭和以降最速となる。千秋楽の相撲は初めてで「白星で終われて良かった」と笑顔。「三役経験者なんで、ビビらず自分の力を試したいと思い切っていきました」と内容にも納得だ。新入幕については「ないっす。カオじゃないっす」と相変わらず謙虚だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2013年7月22日のニュース