世界陸上女子マラソン 参加枠5使わず3選手で出場も

[ 2013年4月22日 06:00 ]

 日本陸連が8月の世界選手権(モスクワ)女子マラソンで、最大5の代表枠を全ては使用しない可能性があることが21日、分かった

 。陸連関係者が3、4人に抑える選択肢もあるとの認識を示した。この日のロンドン・マラソンで全ての選考対象レースが終了し、関係者は「5人というより戦える選手を選ぶ。リオデジャネイロ五輪を見据えた強化をすると決めている」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年4月22日のニュース