ソチ五輪へ合同合宿終了 アイホケ娘はなでしこに刺激

[ 2013年4月22日 15:01 ]

 来年のソチ五輪を目指すスケートやスキーなど冬季競技のトップ選手を集めた合同合宿は22日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで3日間の日程を終え、スピードスケート男子500メートルで2010年バンクーバー五輪銅メダルの加藤条治(日本電産サンキョー)は「初めて会う選手が多くて新鮮だった」と気持ちを新たにした。

 この日はロンドン五輪で銀メダルを獲得したサッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の佐々木則夫監督がチームの成長過程を講義し、アイスホッケー女子日本代表の大沢ちほ主将(三星ダイトーペリグリン)は「同じ団体競技で苦労している時もあった。わたしたちも上がっていければいい」と刺激を受けた様子だった。フリースタイルスキーでモーグル女子の上村愛子(北野建設)は「駄目とか無理とかを考えずに頑張っていく」と話した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年4月22日のニュース