沙羅 研修会で「高木さんと仲良くなれてよかった」

[ 2013年4月22日 06:00 ]

ソチ五輪に向けた合同合宿で、卓球で汗を流す高梨沙羅。左端は高木美帆

 14年ソチ冬季五輪に向け、日本代表候補選手ら約200人が参加して味の素ナショナルトレーニングセンターで行われている研修会2日目は21日、宇宙飛行士の野口聡一さんの講演などを行った。

 ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(16)は「(宇宙飛行士の仕事は)簡単に見えるけど、凄い努力をしていると思う。それを感じさせないのが凄い」と感想。同部屋のスピードスケート女子の高木美帆(18)ら、他競技の選手との交流は初めてだそうで「高木さんと仲良くなれてよかった。いろいろな人と交流できて視野が広がった」と収穫を話していた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年4月22日のニュース