藤田が底力4位!マスターズ予選落ちからの初戦で実力

[ 2013年4月22日 06:00 ]

藤田寛之は17番でイーグルパットを惜しくも外し悔しがる

男子ゴルフツアー東建ホームメイト・カップ最終日

(4月21日 三重県桑名市 東建多度カントリークラブ名古屋=7081ヤード、パー71)
 昨年賞金王・藤田が底力を見せた。4番で8メートルのバーディーパットを沈めるなど、パットの名手の実力を発揮。最下位でのマスターズ予選落ちからの帰国初戦で4位に入った。

 「強風の中でこういうスコアを出せたのは良かった」。ただし、2月に疲労骨折した右脇腹の痛みがぶり返しており、22日にも再検査をする予定。昨年優勝のつるやオープン(25日開幕、山の原GC山の原)には出場予定。

 ▼2位・小田孔明 パープレーでも、ひょっとしたら塚田さんに勝てるかなと思ったけど、そんなに甘くないね。(7番から3ホールで4つスコアを落とし、失速)

 ▼20位・室田淳 悪い癖が出た。パットをことごとく右に外す。今日はこういう運命だったってこと。レギュラーは引退(笑い)。(3位で出たものの、バーディーなしの79。57歳での最年長優勝逃す)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年4月22日のニュース