白鵬 過去13戦全勝の“カモ”圧倒「よく見ていきました」

[ 2012年9月16日 06:00 ]

豊真将(左)をはたきこみで破る白鵬

大相撲秋場所7日目

(9月15日 両国国技館)
 白鵬は過去の対戦で13戦全勝と圧倒する豊真将をはたき込んで全勝キープ。立ち合いで押し込むと、終始主導権を握り「よく見ていきました」と満足顔だ。

 打ち出し後は観戦に訪れた将棋の森内俊之名人(41)から祝福され、日頃、チェスをたしなむ横綱は「(将棋の)攻め方や流れの読み、精神的なものは相撲にも通じる。名人は独特の雰囲気がありますね」と終始、恐縮の面持ち。相撲好きの森内名人は「相撲は動きが速く、めまぐるしく形勢が変わる。勝負を決める一瞬の動きが凄い」と興奮しきりだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年9月16日のニュース