ヤマハ発動機、清宮監督就任2年目で初の開幕3連勝

[ 2012年9月16日 06:00 ]

トップリーグ第3節第2日 ヤマハ発動機25―19NTTコミュニケーションズ

(9月15日 ヤマハ)
 3試合を行い、東芝がNTTドコモから10トライを奪って64―12と大勝して開幕3連勝を飾った。東芝の主将も務めたPR渡辺研也さん(54)を父親に持つCTB渡辺太生(25)が前半41分に約50メートルの独走トライを決めるなど2トライの大活躍。チームも勝ち点を13に伸ばして得失点差で2位に浮上した。ヤマハ発動機はNTTコミュニケーションズに25―19で逆転勝ちし、初めての開幕3連勝。神戸製鋼もキヤノンに32―22と快勝し、3連勝とした。

 ヤマハ発動機は清宮監督就任2年目で、チーム初の開幕3連勝を飾った。後半11分には6―19とリードを広げられたが、FW戦で反則を誘うとFB五郎丸の3連続PGで差を詰め、同29分にCTBサウのトライで逆転した。昨季まで開幕2連勝は5回あったが、全て3戦目で黒星。練習量を調整するなど「鬼門」突破の準備が実った清宮監督は「これからも1戦1戦」と決意も新た。20得点で貢献した五郎丸も「もっと、いい試合ができると思います」と確かな手応えを示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年9月16日のニュース