山口 世界新のセレモニー「日本を引っ張る選手に」

[ 2012年9月16日 17:47 ]

セレモニーで日本水連の佐野会長(右)から新記録証を受け取る山口観弘

ぎふ清流国体第4日

(9月16日)
 15日の少年男子A200メートル平泳ぎで2分7秒01の世界新記録を樹立した山口観弘(鹿児島・志布志高)の記録達成を祝うセレモニーが、岐阜県の古田肇知事らが参加して行われた。

 プールサイドで日本水連の佐野会長から新記録証を受け取った山口は笑みを浮かべ「これからも日本の競泳を引っ張っていけるように頑張りたい」とあいさつ。岐阜県水連によると、山口が泳いだ4コースのスタート台付近には世界記録の記念プレートが設置されるという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年9月16日のニュース