日馬富士 幕内最巨漢212キロ臥牙丸と真っ向勝負

[ 2012年9月16日 06:00 ]

大相撲秋場所7日目

(9月15日 両国国技館)
 横綱昇進を目指す、133キロの日馬富士は212キロの臥牙丸を豪快に投げ捨て、中日での給金直しに王手をかけた。

 相手は幕内最巨漢。79キロ差を感じさせない力強い勝利に「重かった。でも立ち合いでしっかり当たれば、あとは体が勝手に動いてくれる」と笑みを浮かべた。現役屈指のスピードを誇る大関は大きな体がうらやましいか、との問いにも「自分の体に合う相撲があるから」と自信満々に話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年9月16日のニュース