38歳の旭天鵬 自身初の8戦全勝で高見山に並ぶ812勝

[ 2012年9月16日 20:04 ]

旭天鵬が寄り切りで朝赤龍を破る

大相撲秋場所8日目

(9月16日 東京・両国国技館)
 38歳の旭天鵬が自身初の8戦全勝で給金を直した。右四つから盤石の寄りで朝赤龍を下し「いいね、ストレート勝ち越し。前に攻められている」と声を弾ませた。先場所の13連敗から一転、横綱らと並走する元気な姿は、優勝した夏場所を思い起こさせる。「周りは(優勝を)望んでいるけど、俺は望んでない。あと半分残っているよ」と笑った。

 通算白星を812に伸ばし、歴代8位の高見山に並んだ。自身はモンゴル出身、高見山は米ハワイ出身のパイオニアという共通点がある。「目標にしていた。数字上だけど、先輩と同じ所に名前があるだけでうれしい」と感慨に浸った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年9月16日のニュース