神鋼SO森田 頭脳的DG「勝つための仕事をしただけ」

[ 2012年9月16日 06:00 ]

トップリーグ第3節第2日 神戸製鋼32―22キヤノン

(9月15日 秩父宮)
 神戸製鋼は7点リードの後半39分、途中出場のSO森田がドロップゴールを決めた。「プレッシャーもなかったし、(ボーナス点の得られる)4トライは取っていましたから」。

 元日本代表の司令塔がはじき出した方程式。貴重な追加点で4季ぶりの開幕3連勝に導いた。3年ぶりのトップリーグ出場で勝利に貢献した前節に続いての活躍に「ラスト10分で勝つための仕事をしただけです」と陰のMVPはクールに振り返った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年9月16日のニュース