綱獲り日馬8連勝 白鵬、稀勢も全勝守る/秋場所8日目

[ 2012年9月16日 19:10 ]

日馬富士が首投げで妙義龍を下す

 大相撲秋場所8日目は16日、東京・両国国技館で行われ、綱獲りに挑む大関日馬富士は新関脇妙義龍を首投げで下し、8戦全勝とした。横綱白鵬も豊ノ島を寄り切って全勝を守り、朝青龍を抜いて単独2位となる24度目のストレート給金(1場所15日制定着以降)を決めた。妙義龍は6勝2敗となった。

 大関稀勢の里は松鳳山を上手投げで退け、8連勝。平幕の旭天鵬は高見山に並ぶ史上8位、外国出身最多の通算812勝目を挙げて勝ち越した。高安も無敗を守った。8日目を終えて5人の全勝は、6人が勝ちっ放しだった1989年春場所以来。大関鶴竜と平幕隠岐の海が1敗で追う。

 十両は、新十両の丹蔵ら4人が2敗でトップ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年9月16日のニュース