【コラム】城彰二

森保J 大迫と南野不在ならリズム作れない、では困る

[ 2019年11月20日 14:00 ]

国際親善試合   日本1―4ベネズエラ ( 2019年11月19日    吹田 )

前半、パスが合わず悔しがる浅野(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 相手のレベルが高いと守備も強固で、個で打開することは難しく、動きの連係で崩す必要がある。前半は前線の連係が悪く、鈴木と浅野の動きだしが違ってかみ合っていなかった。鈴木は相手の守備ラインの裏を狙って動きだしたが、浅野は下がってボールをもらう動きをしていた。また、浅野が動きだしても鈴木が動かなかったシーンもあり、連動性が欠けていた。後半はメンバーが代わり、連係が良くなってリズムを取り戻した。中島も前半は2トップの動きと重なり、ドリブルするスペースがなくて持ち味が発揮できなかった。

 大迫がいれば縦パスが入った瞬間に攻撃陣が一斉に動きだすし、南野も攻撃の軸として攻撃をリードできる。彼らがいないとリズムがつくれないところは課題だ。サッカーは組み合わせで戦うので、1人代わっただけでリズムが変わる。長いW杯予選を考えると底上げは急務だろう。古橋もJリーグでは通用するプレーがこの試合で通用せず、世界を肌で感じたはず。感じたことをチームで取り組んでほしい。(城彰二=元日本代表FW)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る