鹿島・上田、過密日程をチャンスに「活躍できれば東京五輪にもマッチする」

[ 2020年6月17日 05:30 ]

練習後にオンライン取材に応じた鹿島のFW上田(クラブ提供)
Photo By 提供写真

 U―23日本代表、鹿島・FW上田は7月4日の公式戦再開を見据え、「過密日程でチャンスが増える。その環境で活躍できれば、東京五輪も厳しい日程なのでマッチするのでは」と活躍を期した。

 中断前の3戦はいずれも無得点で敗れているだけに、上田を含む攻撃陣の奮起が期待される。「僕は連戦の方が気持ちが切れづらく、ゴールのイメージも湧きやすい。個を生かしてチームに貢献できたら」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年6月17日のニュース