リバプール クロップ監督、再開後もサポーターに自宅応援要請「安全第一に考えて」

[ 2020年6月17日 22:31 ]

リバプールのクロップ監督(AP)
Photo By AP

 17日のイングランド・プレミアリーグの再開に先立ち、リバプールのユルゲン・クロップ監督(53)がサポーターに自宅で応援してほしいと要請した。

 17日にクラブ公式サイトで公開された動画で、ドイツ人指揮官は「シーズンが再開できるかどうか分からない時もあった。シーズンが無効になる噂もあったし、勝ち点の平均点で残りシーズンを決めるとの話もあった」と中断期間中を振り返った上で「しかし、再開するところまで来た。みなさんの責任ある行動のおかげだ」とステイホームで新型コロナウイルスの感染防止に貢献したサポーターに感謝した。

 「我々はスタジアムにいるが、あなた方は自宅にいる。我々はサポーターの後押しを感じながら戦う。選手にもそれを感じてもらう。だが、サポーターには安全を第一に考えてほしい。家から応援してほしい。我々は一緒だ、ユール・ネバー・ウォーク・アローン(君は決して1人じゃない)」と、感染防止のためにスタジアム周辺には集まらず、自宅からの応援を呼びかけた。

 リバプールは21日に再開初戦でエバートンと敵地で対戦。17日に2位マンチェスターシティーがアーセナルに敗れた上で、リバプールがエバートンに勝利すると30年ぶりのリーグ優勝が決まる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年6月17日のニュース