J2大宮・河面「昇格を1番に考えて」 愛妻との“二人三脚”で連戦乗り切る

[ 2020年6月17日 14:09 ]

オンラインで取材対応した大宮・河面旺成

 J2大宮のDF河面旺成(26)が愛妻の協力も得て、夏場の連戦を乗り越える。

 チームは17日、リーグ再開初戦となる27日のアウェー千葉戦に向けてさいたま市内で調整。練習後にウェブ会議システム「Zoom」で取材に応じた背番号6は「夏の暑い時期に連戦が続く。疲労回復系の食事など、(今季は)より意識していかないと」と、健康管理を強調した。

 一昨年12月に一般女性と結婚。翌年の昨季は不動の左サイドバックとして、出場停止を除くチーム最多の41試合にフル出場した。河面は「食事の部分は非常に大きかったと自分でも思っている」。試合2日前からは炭水化物を多くするなど、練習によって料理を変更してくれた愛妻のサポートが、フル出場の一助にもなった。

 今季は新型コロナウイルスの影響で開催期間が短縮。過密日程のリーグ戦では、昨季以上の体調管理が不可欠になる。「今季も(妻にサポートを)お願いする。一昨年、昨年とあと一歩で昇格できなかったので、今年は昇格を1番に考えて臨みたい」と河面。妻との“二人三脚”で、前例のないシーズンを乗り越える。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年6月17日のニュース