イングランド・プレミアリーグ17日再開、南野のリバプール 21日にも優勝

[ 2020年6月17日 21:54 ]

新型コロナウイルスの影響で中断しているイングランド・プレミアリーグ(AP)
Photo By AP

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月13日から中断していたイングランド・プレミアリーグが17日から無観客開催で再開する。

 17日には未消化だったマンチェスター・シティー―アーセナル、アストンビラ―シェフィールド・ユナイテッドの2試合が行われる。これで全チームが29試合消化でそろい、19日から第30節が行われる。

 日本代表MF南野拓実(25)が所属する首位リバプールは、21日のエバートン戦が再開初戦。24日にクリスタルパレス、7月2日にマンチェスター・シティーと対戦する。17日に2位マンチェスター・シティーがアーセナルに敗れた上で、リバプールが再開初戦でエバートンに勝てば、30シーズンぶりのリーグ優勝が決まる。

 南野は1月にザルツブルク(オーストリア)から加入し、リーグ戦は途中出場の3試合のみ。残り9試合で移籍後初ゴールを狙う。

 FW武藤嘉紀(27)が所属するニューカッスルは21日にシェフィールド・ユナイテッド、24日にアストンビラ、7月1日にボーンマスと対戦。今季リーグ戦7試合無得点の武藤は、練習試合で得点を挙げるなど好調をアピールしている。

 リーグ戦は残り92試合で、7月25日に終了する予定。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年6月17日のニュース