横浜・GK朴一圭、右手骨折で全治2カ月 リーグ再開迫るなか王者に試練

[ 2020年6月17日 05:30 ]

横浜のGK朴一圭
Photo By スポニチ

 15日の練習で負傷した横浜・GK朴一圭(パクイルギュ)が横浜市内の病院で検査を受けた結果、右手骨折で全治2カ月と診断されたことを発表した。昨季はリーグ25試合に出場して優勝に貢献した正GK。今季も主力として期待され、2月23日のリーグ開幕戦のG大阪戦に出場していた。

 ACLはアジア枠の影響で登録外となっていたが、リーグ連覇には欠かせない一人。再開まで3週間を切ったタイミングで王者に試練が訪れた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年6月17日のニュース