川崎F 新プロジェクト「Re/☆☆☆ト」発表 優勝へ向けての“リスタート”

[ 2020年6月17日 09:31 ]

Jリーグ再開に向けて新たなプロジェクトを発足した川崎F
Photo By 提供写真

 川崎Fが、リーグ再開に向け新たなプロジェクトの実施を発表した。新型コロナウイルス感染拡大による約4か月の中断期間を経て動き出すチームを、サポーター、選手、そしてクラブが共に盛り上げ、一体感を持ってタイトルを目指し、さらにホームタウンにも元気を与えていくための新プロジェクトで、その名も「Re/☆☆☆ト(リスタート)」だ。

 今プロジェクトのために新ロゴを作成。17~18年シーズンのリーグ連覇、昨年のルヴァン杯制覇による☆3つに加え、予期せぬ状況によりリーグが中断した今季に4つ目のタイトルを目指す思い、感染予防で再開直後は無観客試合となり、ソーシャルディスタンスなどの重要性も求められる中、物理的な距離は離れているものの川崎フロンターレとして繋がっている思いなどがデザインに込められた。

 プロジェクトではツィッター上でチームへの応援メッセージを募集。ファン・サポーターは、クラブが用意したメッセージカードデータに直接入力、またはデータをプリントアウトしたものに手書きでメッセージを記入し画像をツイート。それら熱いメッセージが、ホームゲーム開催時には「ロッカールーム~選手入場入口付近」など選手たちに見える位置に掲示される。またTシャツなどリスタートグッズも販売。主将のDF谷口は「こういった時期だからこそ、『Re/☆☆☆ト(リスタート)』という言葉に込められた『優勝』という目標に向かって選手、スタッフ、サポーター一丸となった戦っていきたいと思います」とコメントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年6月17日のニュース