神戸イケメン総選挙1位はDF西 日本人選手で初「当然の結果ですね、ありがとう」

[ 2020年6月17日 15:35 ]

神戸のイケメン総選挙で1位に輝いた西(C)VISSEL KOBE
Photo By 提供写真

 神戸のイケメン総選挙の結果が発表され、1位となった西が「当然の結果ですね」とコメントした。クラブは17日、全選手やフィンク監督らが参加したイケメン総選挙の結果を発表。元日本代表DF西大伍(32)が見事に1位に輝き、一昨年から行われている総選挙で初めて日本人選手がトップを射止めた。

 この結果を受け、西はクラブを通じて「当然の結果ですね、みんなありがとう」とコメント。2位にFW藤本、3位には元日本代表DF酒井が入った。一昨年は元スペイン代表MFイニエスタ、昨年は元スペイン代表FWビジャが1位となっていた。 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年6月17日のニュース