清水・山室社長、サポーターと“初対面”「まずはあいさつ、笑顔」

[ 2020年2月23日 12:27 ]

入場ゲートでサポーターを出迎える清水の山室社長
Photo By スポニチ

 J1清水の山室晋也新社長(60)が23日、FC東京との開幕戦でサポーターと“初対面”した。

 今季からスタジアムのサービス向上を目的に取り組む「エスパルスおもてなしプロジェクト」の一環で、本拠・アイスタの入場門に立ち来場者を出迎えた。

 昨季まで球団社長を務めたプロ野球・ロッテでも「顔の見せる社長」としてファンとの触れ合いを大切にしており、サッカー界という新たなフィールドでもスタイルを継続する。

 山室社長は「“新人”で初顔なのですが、多くのサポーターの方に声をかけていただき、うれしかったです」と感謝。「(プロジェクトでは)新しい取り組みも考えていますが、まずはあいさつ、笑顔など基本的なことをしっかりやっていきたい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月23日のニュース