応援禁止の神戸―横浜FC戦 手拍子で後押し、イニエスタのプレーにどよめきも

[ 2020年2月23日 17:56 ]

明治安田生命J1第1節   神戸1―1横浜FC ( 2020年2月23日    ノエスタ )

<神戸・横浜FC>応援禁止の措置が取られ、多くの観客がマスクを着用し試合を観戦した(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 明治安田生命J1第1節の神戸―横浜FC戦(ノエスタ)が応援禁止で行われ、サポーターは手拍子などで選手たちを後押しした。

 新型コロナウイルスを始めとする感染症予防対策および拡散防止を目的として、神戸は22日に歌、チャント、肩組みなどの応援行為を禁止することなどを発表。声を合わせることができないため、試合前には両チームのサポーターがそれぞれ手拍子や拍手を合わせる練習をしていた。

 普段とは全く違う独特な雰囲気の中、元スペイン代表MFイニエスタのスルーパスやシュートなどにどよめきが起きることも。試合は1―1で引き分けに終わった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月23日のニュース