川崎F 猛攻もスコアレスドロー…シュート19本も“鳥栖の壁”をまた崩せず

[ 2020年2月23日 05:30 ]

明治安田生命J1第1節   川崎F0―0鳥栖 ( 2020年2月22日    等々力 )

勝ちきれなかった川崎F撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 川崎Fはまたしても“鳥栖の壁”に阻まれた。シュート数で19対3と圧倒しながら、引いて守る相手を最後まで崩せず無得点。VARで得点取り消しとなる不運もあったが、ホーム・鳥栖戦はこれで4年連続ドロー。鬼木監督は「フィニッシュ、そのひとつ前のところの精度が課題」と振り返った。

 王座奪回と4年連続タイトルを目指す今季。そのために導入されたのが、ゴール前により人数をかけ、ハイプレスからの速攻を仕掛けやすい4―3―3の新布陣だった。16日のルヴァン杯・清水戦は大量5得点で効果を発揮。この試合も期待されたが、決定力という新たな課題も浮き彫りになった。それでも田中は「ペナルティーエリア内に進入する回数は去年より増えている」と手応えはつかんでいる様子。逆転での五輪メンバー入りを目指す三笘も得意のドリブルで見せ場をつくったが「シュート、ラストパスまで持っていく形を出せるように」とさらなるレベルアップを誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月23日のニュース