神戸 イニエスタ、応援禁止の開幕戦に「変な感じはあるけど安全のため」試合はドロー

[ 2020年2月23日 19:25 ]

明治安田生命J1第1節最終日   神戸1―1横浜FC ( 2020年2月23日    ノエスタ )

<神戸・横浜FC>応援禁止の措置が取られ、多くの観客がマスクを着用し試合を観戦した(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 リーグ開幕戦で圧倒的なプレーを連発した神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(35)が、応援禁止の中で行われた横浜FC戦を終え「変な感じはするけど…」と振り返った。

 ホームで迎えた1戦は、新型コロナウイルスを始めとする感染症予防対策および拡散防止を目的として、歌やチャント、肩組などの応援行為を禁止することなどが発表されていた。そんな中、1点を追う後半にイニエスタが圧巻のプレーを連発。声を合わせることができないサポーターから歓声やどよめきが何度もわき起こった。

 FW古橋の同点弾により1―1で試合終了。応援がなかった感想を問われ、背番号8は率直な思いを口にした。

 「確かにちょっと変な感じというか、慣れていない雰囲気、変な感じはあるけど、みんなの安全のための対策でもある。こういった状況が今後、改善されることを願うし、次の試合、チームとしてもより良い形で試合を終えられれば」

 ここまでACLなどを含む今季公式戦4試合連続で先発出場をしているイニエスタ。次戦は中4日でアウェー鹿島戦に臨む。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月23日のニュース