アヤックス ツィエク代役を確保!東京五輪ブラジル代表“有力候補”19億円で今夏に完全移籍

[ 2020年2月23日 22:01 ]

U―23ブラジル代表FWアントニー(AP)
Photo By スポニチ

 オランダ1部の強豪アヤックスがブラジル1部サンパウロからU―23ブラジル代表FWアントニー(19)を今夏に完全移籍で獲得することを発表。クラブ公式ホームページによると2020年7月1日から2025年6月30日までの5年契約。移籍金1575万ユーロ(約19億円)で出来高により最大2175万ユーロ(約26億円3000万円)まで増加するという。

 既にアヤックスは昨季の欧州CL4強入りなどに貢献したモロッコ代表MFツィエク(26)を今夏チェルシーへ4000万ユーロ(約48億4144円)で放出することが決まっており、しっかり“代役”の補強に成功。オーフェルマルスSD(スポーツディレクター)は「彼がここからスタートできるようになるまで数カ月待たなければなりませんが、前線すべてのポジションでプレー可能なクリエーティブな選手と契約出来ました」と喜んだ。

 アントニーは今年の東京五輪南米予選でもU―23ブラジル代表の主力として5試合に先発出場。1次リーグ第3戦のボリビア戦で先制ゴールを決めるなど2枠のみだった五輪切符獲得に貢献。今夏の東京五輪でもメンバー入りが有力視されている若手の注目株だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月23日のニュース