なでしこ新戦力ハツラツ 栗島&清家&林が国際Aマッチ初戦 高倉監督「力になりうる」

[ 2019年12月12日 05:30 ]

E-1選手権   日本9-0台湾 ( 2019年12月11日    釜山 )

後半、ヘディングでゴールを決める清家
Photo By スポニチ

 10年大会以来の東アジアの頂点を目指すFIFAランク10位のなでしこジャパンは同40位の台湾との初戦に9―0で大勝した。

 新戦力が攻撃を活性化させた。栗島、清家、林の3人が国際Aマッチデビュー。なかでも右サイドバックでフル出場した清家は後半21分にFKを頭で合わせ、デビュー戦で初ゴール。9得点のうち4得点は、この日国際Aマッチ初得点を記録した3人(池尻が2得点)によるもの。高倉監督は「新しい戦力については、(常連と)違う色を出しながらチームの力になりうるなと感じさせるプレーが見られた」と高評価した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月12日のニュース