ブラジル、ベネズエラとスコアレスドロー 2度ネットを揺らすも幻に…

[ 2019年6月20日 05:30 ]

南米選手権・1次リーグA組   ブラジル0―0ベネズエラ ( 2019年6月18日    サルバトル )

ゴールが取り消されぼう然とするコウチーニョ(右)とガブリエルジェブズ=中央(AP)
Photo By AP

 南米選手権第5日は18日、1次リーグA組第2戦の2試合が行われ、右足首負傷でエースFWネイマール(27=パリSG)が不在のブラジルは、ベネズエラと0―0で引き分け。1勝1分けで勝ち点4とした。22日(日本時間23日)の最終戦で、勝ち点4で並ぶペルーと対戦する。

 ボール保持率69%と圧倒しながら、エース不在で決定力を欠いた。シュート19本中、記録上で枠を捉えたのは前半17分のFWリシャルリソン(エバートン)だけ。後半15分と42分にネットを揺らしたが、今大会から導入のビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)でともにオフサイドと判定され取り消された。初戦に続いて地元でブーイングを浴び、チチ監督は「サポーターはゴールを見たい。私も観客なら文句を言いたくなる」と語った。

 本大会はDAZNが独占中継。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年6月20日のニュース