DF昌子「ぶち抜かれた選手は絶対止めたい」 欧州2年目へ飛躍誓う

[ 2019年6月20日 21:44 ]

サッカー携帯サイトを運営するREIBORAが主催するサッカー教室で日本代表DF昌子源が講師役を務めた
Photo By スポニチ

 フランス1部・トゥールーズの日本代表DF昌子源(26)が20日、新しいサッカーメディア「REIBORA(レイボーラ)」が主催するサッカー教室で講師役を務めた。都内で開催されたサッカー教室には小学3、4年の27名が参加。少数開催だったこともあり昌子からは基本技術などみっちり指導を受けた。最後は質問コーナーや昌子からのプレゼントもあり、子どもたちは充実した時間を過ごしようで、昌子自身も「教えるのは難しいですね」と子どもたちからまたパワーをもらった様子だった。

 新シーズンへ向けチームには7月1日から合流する予定。欧州2年目の新シーズンへ昌子は「半年間で感じられたところと感じられなかったことがあったけど、より良いパフォーマンスを出せると思う」と自信をのぞかせ、リヨンのFWデンベレ、オランダ代表FWデパイらの名前を出し「(1年目に)ぶち抜かれた選手は絶対止めたい」とさらなる飛躍を誓った。また9月から始まる22年W杯アジア2次予選へ向け「2次予選から出るのは始めて。呼ばれたら、チームにしっかり貢献できるよう」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年6月20日のニュース