長友、総額3億円の支援“長友ドリーム”発表 100万円×3年を100人へ「夢を応援します」

[ 2019年6月20日 20:20 ]

長友佑都
Photo By スポニチ

 サッカー日本代表DF長友佑都(32)が20日、自身のツイッターで、総額3億円を支援する“長友ドリーム”を発表した。

 「100万円を3年間支援で、1人300万円。今後100人を応援、総額3億円サポートしたいです!」とし、「まずは第1弾として僕個人のお金3000万円で10人の夢を応援します!」と、長友の投稿をフォロー&リツイートをした人の中から応援する人を決めると発表。ハッシュタグ「長友ドリーム」をつけて「夢への想いなどをツイートしてください!」と呼びかけた。

 長友は、今月14日に「経済的な理由で自分の夢を諦めたことがありますか?」とツイッターでアンケートを実施。およそ15万票のうち、67%が「はい」を選んでいた。

 添付した動画の中で長友は、自身が裕福な家庭ではなかったため県外の私立高校に行きたいことをなかなか言えずに悩んでいた時、母が「お金のことは心配しなくていいから、挑戦しなさい」と背中を押してくれたことが今の自分につながっていると告白。自身も人を応援していきたいと今回のプロジェクトを決断したことを明かした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年6月20日のニュース