なでしこ高倉監督、決定力の差痛感 決勝Tへ「全員がすべて出し切らない限り勝てない」

[ 2019年6月20日 06:17 ]

女子W杯1次リーグD組   日本0―2イングランド ( 2019年6月19日    フランス・ニース )

なでしこジャパンの高倉監督 (AP)
Photo By AP

 日本は後半に訪れた決定機を決めきれず無得点。高倉監督は「イングランドの方が決定力があったと感じている」と振り返った。

 「ミスがらみの失点が残念だった」と前半14分に先制点を奪われたことを悔やんだ指揮官。「自分たちの力は1勝1敗1分けというところにいる。全員がすべてを出し切らない限りは(決勝トーナメントで)勝てない」と現状を見つめ直した。

 主将のDF熊谷は「前半の早い時間に失点すると苦しくなるし、前がかりになって攻めている時に点を取らないといけない」と反省。それでも「次のステージへの良いシュミレーションになった」と収穫も得た様子だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年6月20日のニュース