松本、攻撃イメージOK 縦パス配給で中盤から活性化

[ 2019年6月20日 05:30 ]

 MF松本は果敢に飛び出していく攻撃参加と縦パス配給で中盤からチームを活性化させる。チリ戦で警告を受けた中山に代わって次戦でボランチに入る可能性は十分。

 会場のあるポルトアレグレはウルグアイに近く、サポーターの大集結も予想される。「プレッシャーをうまくいなすことによって、ウルグアイ人の観客も“あいつなんだ?”ってなると思う。そういうプレーをたくさんしたい」とプレーのイメージを描いた。

 本大会はDAZNが独占中継。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年6月20日のニュース