C大阪“最悪”逆転3連敗…元同僚杉本に決勝PK献上

[ 2019年3月18日 05:30 ]

明治安田生命J1第4節   C大阪1―2浦和 ( 2019年3月17日    ヤンマー )

<C大阪―浦和>昨季までの同僚、浦和・杉本にPKを決められる
Photo By 共同

 最悪のシナリオでC大阪が2年ぶりとなる3連敗を喫した。後半19分にMFソウザのFK弾で先制しながら、同31分に同点弾を奪われ、同37分にはFW杉本にPKを蹴り込まれて逆転負け。昨オフに浦和へと完全移籍したストライカーに決勝点を奪われ、試合後、C大阪のゴール裏へあいさつに来た杉本に対しては歓声とブーイングが入り交じった。

 「勝利をプレゼントしてしまった。4―1で勝つ試合を落としてしまった」とロティーナ監督。確かにこれまでより攻撃は活性化され、チャンスは作った。だが、開幕からの4試合で挙げた2得点はいずれもセットプレーから。いまだ流れの中からゴールを奪えておらず、ソウザは「内容もそうだけど、結果も良くしないとJ2に落ちてしまう」と危機感を口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月18日のニュース