神戸 ポルディ今季初ゴールも痛恨ドロー…初瀬「完全に自分のミス」

[ 2019年3月18日 05:30 ]

明治安田生命J1第4節   神戸1―1清水 ( 2019年3月17日    ノエスタ )

<神戸・清水>後半4分、先制点を決めガッツポーズの神戸・ポドルスキ(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 神戸は手中にあった勝ち点3が滑り落ちた。1点リードの後半43分。2点目を狙うのか、1点を守り切るのか、中途半端な姿勢の中で、痛恨のプレーが生まれた。自陣深くでクリアしようとしたDF初瀬がミスキック。相手につながれ、同点弾がゴールマウスに消えた。

 「あれは完全に自分のミス。次に取り返せるようにしたい」
 必死で切り替えようとする21歳だけを責めるわけにいかない。後半4分にMFイニエスタの“神突破”から、MFポドルスキが今季初ゴール。見せ場を作ったとはいえ、3戦連発を狙ったFWビジャは同15分にGKと1対1のシュートを外すなど不発に終わった。

 「自分たちのサッカーができなかった。点を取った後は、引きすぎてしまったし…」

 険しい顔のまま、ポドルスキは反省を口にした。後半35分から新加入のMFサンペールがデビュー。空前の「外国人7人制」を敷くも、リージョ監督は起用法について「毎週、選択しないといけない」と明確な答えを避けた。巨大戦力を誇っても、それだけで連勝街道は走れない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月18日のニュース