松本連敗…あの手この手もシュートわずか2本

[ 2019年3月18日 05:30 ]

明治安田生命J1第4節   松本0―1広島 ( 2019年3月17日    Eスタ )

<広島・松本>連敗を喫し悔しさをにじませる松本イレブン
Photo By スポニチ

 完敗だった。ピッチ内外でさまざまな手を打った松本の反町監督だったが、結果に結びつけることはできなかった。

 13日のルヴァン杯・G大阪戦以降、関西に残って調整を続け、移動の負担を軽減した。試合でも決定機を築けないと見るや、後半23分に永井を下げて杉本を投入。スピードがある前田を最前線に上げた。32分にはセルジーニョに代えて高崎を入れ、前田との2トップでゴールを狙ったものの、効果はなし。指揮官は「両サイドでもう少し時間をつくれれば。(他の選手が)ボールホルダーを越えていけなかったし、2トップでも起点をつくれなかった」と嘆いた。

 得点力不足は深刻だ。4試合でわずか2得点。この日はシュート2本と見せ場をつくることができなかった。ボランチから前線にパスが入らず攻撃の形に苦しんだ。反町監督は「前を向けるところで向けなかったりで、ビルドアップのところは痛手だった。ブロックをつくって守る相手には我々から仕掛けないと」と苦言を呈した。

 前田が「背後にボールが入ればチャンスのシーンもあった。後ろと前で合っていなかった」と話せば、ボランチの藤田も「タイミングが合わなかったりした。(DFの)間で受けて前にパスを出すのは自分の役割。毎試合出さないといけない。実力不足」と漏らした。

 連敗脱出を図る。リーグ戦は代表戦のため2週間の中断期間に入る。課題を洗い出し、次節31日の川崎F戦に臨むことが大事だ。反町監督は「結果を真摯(しんし)に受け止めたい。リセットして、ホームで強敵だけど頑張りたい」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月18日のニュース