宇佐美 後半投入も不発「活気をもたらしたかったが…」

[ 2019年3月18日 05:30 ]

ドイツ1部   デュッセルドルフ2―5ウォルフスブルク ( 2019年3月16日 )

G大阪への復帰を希望している宇佐美(左)
Photo By 共同

 デュッセルドルフの日本代表MF宇佐美は劣勢の中、後半33分に投入された。

 「一矢報いるというか、チームに活気をもたらしたかった」とピッチに立ったが、ゴールを奪うことはできなかった。昨年のW杯以来となる日本代表に招集されたことについては「自分のいいプレーをチームに落とし込めれば」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月18日のニュース