横浜 リーグ初黒星…畠中「後手後手になった」

[ 2019年3月18日 05:30 ]

明治安田生命J1第4節   横浜0―2大分 ( 2019年3月17日    昭和電ド )

<大分・横浜>前半、ボールを奪い合う、横浜・畠中(左)と大分・藤本(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 横浜が今季リーグ初黒星を喫した。

 後半10、14分といずれも左サイドを突かれて立て続けに失点。日本代表に初選出されたDF畠中は「対応が後手後手になった。もったいない失点だった」と肩を落とした。18日の合宿初日から代表活動に合流する。「学んだことをチームに還元できるよう、責任を持ってやっていきたい」と気持ちを切り替えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月18日のニュース