小林祐希 日の丸を背負う「責任と重圧を楽しんでプレーできれば」

[ 2019年3月18日 11:45 ]

成田航空機着の便で帰国した小林
Photo By スポニチ

 親善試合コロンビア戦(22日、日産ス)、同ボリビア戦(26日、ノエスタ)に臨むサッカー日本代表のMF小林祐希(26=ヘーレンフェーン)が18日、成田空港着の航空機で帰国した。17年10月以来の代表復帰。黒いサングラス姿でゲートに登場し「日の丸を背負って戦うというのは責任もあるし、重圧もある。そういうのを楽しんでプレーできればいい」と話した。

 森保監督体制下では初の招集だが、1月のアジア杯の映像は全試合見ていたという。印象については「ピッチでやっている選手と外で見ている選手では全然感じていることも違うと思うので、一緒に練習やってみてじゃないと分からない」と明言せず、「誰よりも練習して、トレーニングして、体に気をつかって、いいパフォーマンスを出せるように1日1日取り組んでいる」とたゆまぬ努力を続けてきたことを明かした。

 代表合宿は18日の午後からスタートする。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月18日のニュース